最近増えてきた千葉の葬儀のスタイル

昔は葬儀というと家や葬儀場で盛大に行われる傾向がありました。

しかし今はいろんな葬儀スタイルがあり、遺族側の選択肢が増えました。

最近増えてきた葬儀のスタイルについてまとめました。

【密葬、家族葬】

密葬や家族葬は、故人の家族やごく近い縁者、友人のみで行われる葬儀です。

家族と故人が一晩一緒にすごし、翌日火葬と言う流れのものです。

密葬というのは、友人や知人も含まれるので家族葬とは少し違います。

家族葬は、本当に近親者のみで行われる小規模な葬儀のことで、最近増えている葬儀スタイルです。

千葉県でも家族葬を執り行うところが増えています。

【自然葬、散骨】

山や海に遺骨を還す葬儀のことです。

日本では遺骨を粉砕したものを自然の中に散布するやり方です。

山が好きだった人、海が好きだった人はこのような形の葬儀を望む傾向が多いようです。

しかし、どこに散骨をしても良いとは限りませんので、葬儀社に相談して行うようにしましょう。

【家族で話し合っておこう】

葬儀をどのような形にするのかは家族にとって大切なことです。

自分の葬儀はこうして欲しいという希望があれば、家族に伝えてしっかり話し合っておくことです。

葬儀社も相談に乗ってくれるところが増えており、千葉でも様々な葬儀の形について相談に乗ってくれるところがありますので利用してみると良いでしょう。

葬儀の準備なんて縁起でもないと思う人も多いですが、何も決めていないといざという時に慌ててしまい、後悔することになるかもしれません。

◇記事ピックアップ–>“終活”を支援するPCソフト「はじめてのエンディングノート」、筆まめが発売 | RBB TODAY

Comments are disabled