気になる千葉の葬儀の事情

全国各地で、お葬式のしきたりや葬儀事情は違います。

今は、どこの地域でも合理化されているようですが、まだ中には昔からのしきたり通りに進めるところもあるようです。

千葉の葬式には特徴があるようなので、どんな内容か知っておきましょう。

▼こちらもCheck!=>(URL:http://www.voodooheart.com/

【火葬の順序が違うところが】

同じ千葉県内でも、通夜、葬儀が行われた後に火葬をする(後火葬)ところと、通夜の翌日の朝に火葬してその後葬儀、告別式を行う(前火葬)ところがあります。

東京など他の地域では、後火葬が一般的で、前火葬は千葉の一部の地域のみということがわかりました。

【長寿の祝い銭を配るところも】

千葉の葬儀で、長寿を全うした人が亡くなった時は紅白の水引の小さなポチ袋に穴に紅白の紐を通した5円玉を入れて会葬のお礼状に添えるところがあるようです。

ポチ袋には長寿と書かれていて、長寿銭と言われています。

長寿銭をもらった人は、長寿を全うした故人にあやかれると言われ、とても縁起の良いものと思われているようです。

【近隣グループが手伝うことも】

千葉の都市部以外の農村部や房総地域などでは、近隣の住民が葬式を手伝う葬式組や斑がまだあります。

古いしきたりをそのまま引き継いでいるものです。

こういったしきたりは、千葉だけでなく、他の地域でもまだ残っているようです。

もしどこかへ引っ越す時は、その地域の葬儀のしきたりなどは事前に調べて行った方が良いでしょう。

戸惑うことがあるかもしれないからです。